また、当然のことながら自分自身の与えらえた仕事をまずはきちんとこなすことです。会社が業績不振になって人員整理をしなくてはならない時、それが正当な手順と理由により行われれば撤回を求めるのは難しいと言えます。だからこそ、まずは自分の仕事を全うしていくことも大切でしょう。万が一を見据え、どこでもやっていけるようなスキルを身に着けることも良いかもしれません。とりあえずこれらは、事前に備えをすることができればやっておいた方が良い、という余談です。次のページでは、実際に不当解雇となった場合の対処法をご紹介していきます。