・弁護士
法律の専門家といえば弁護士です。普段接点がないと、弁護士は裁判の時にだけ利用するものと思ってしまうかもしれませんが、実際には弁護士には相談や交渉を依頼することも出来ます。
労働組合や公的機関に相談するのとは違い、利用は有料になりますが、それだけ具体的なアドバイスや行動を起こしてくれると期待できます。
弁護士の中にも、どのような係争ごとに強いのか、特色が別れてきます。前もって弁護士さんの経歴などを確認し、このような労働問題に詳しく、経験がある人にお願いするのが良いでしょう。
また、実際に相談や依頼で弁護士事務所などへ行く時、予め予約が必要となるケースがほとんどです。せっかく行ったのに不在、予約がいっぱいだった、とならないように前もって問い合わせをしておくほうが無難です。