また、退職を現在すでに勧奨されている場合には、できる限りその証拠を残しておくべきです。会話の内容を録音できるボイスレコーダーがあれば、上司や会社の責任者との面接の時に役立つでしょう。さらに、メモなどで書類に残しておくことも大切です。忘れないうちに、その時にあった会話などを全て残しておきましょう。特に退職を強要したりすることは禁止されています。暴力的な発言や行動は後から大きな証拠となりえます。メール等の場合にはプリントアウトをする等、保存しておくことです。